マリナビ船価鑑定サービス VesselsValue.com提供

VesselsValue.com 提供

週間船価トレンド(2014年4月22日)

タンカー バルカー コンテナ船
船種/船齢 VLCC Suez Afra LR1 MR Cape Pmax Supra Handy Post
Pmax
Pmax Sub
Pmax
Handy Fmax
5歳船 9.0% 0.2% 0.4% 0.2% ▲ 0.5% 0.0% 0.6% 0.0% ▲ 0.8% ▲ 0.1% 1.8% 1.8% 1.8% ▲ 0.7%
10歳船 11.0% 0.2% 0.5% 0.0% ▲ 0.4% ▲ 0.2% 0.4% ▲ 0.4% ▲ 0.5% ▲ 0.1% 1.3% 1.0% 1.6% ▲ 1.0%

数値%は前週比(1週間前の船価との変動比)、▲はマイナス。船種のキャパシティーは船齢によって若干異なる。詳細は本紙金曜付紙面で紹介

船価鑑定サービス

本サービスでは、英国「VesselsValue.com」発行の船価鑑定書を日本語で注文でき、日本語で記載された鑑定書をPDFファイル形式にて受け取ることができます(鑑定書は公式文書です)。コンピュータアルゴリズムによる客観的な鑑定結果を、一律価格かつ短時間で入手できるのが最大のメリットです。VesselsValue.comでは定期的に精度レポートを公開しており、実際の取引額と取引日前日のVesselsValue.comの評価額との誤差は、取引数の約9割で10%前後におさまっています。皆さまのご利用をお待ち申し上げております。

料金

1隻:55,000円(税別)

※最大10隻まで同時にご注文可能です。

手続き方法

  1. 下記オーダーフォームに必要事項を記入し、ご注文ください(仮注文)
  2. メールで案内したお振込先に料金をご入金ください(本注文)。
  3. 入金完了された旨をメールでご連絡ください。確認後すぐに発行作業を開始します。
  4. 鑑定書はPDFファイルにてメール添付でお届けします。同メール本体が納品書および領収書となります。

オーダーフォーム

※氏名及び会社名が船価鑑定証明書の宛先になります。

●船の情報

免責事項

(a) 算定された船価評価額(市場価格)は、評価日のみにおける公正な市場価格の見積り金額であり、傭船契約を含まず、基準を満たした世界各地の港での速やかな引き渡しに基づき、標準的な売買条件での現金払いによる、自発的な売り手と買い手の間における仮説的な取引から得られるであろう当該船舶の価値を、VesselsValueの見解として誠意をもって見積った金額に基づいています。鑑定においては、当該船舶の要目データが正確であり、当該船舶が良好かつ健全で航海に適した状態であり、船舶先取特権や債務等一切なく、現状の船級協会の要件を完全に満たす登録された船舶であり、船級協会の指定事項がなく、公正で有効な取引証明書を備え付け、関連するタイプ及び船齢ごとに、オイルメジャー、Rightship やその他関連する承認を得ていることを前提としています。なお、VesselsValueは当該船舶の物理的な検査ないし船級登録簿の調査を行っていない点をご留意ください。

(b) 当該船舶の状態、表記された仕様や要目データの確度及び登録の状態や有用性を保証するものではありません。

(c) 船価評価の方法論の変更、修正及び改訂により評価日が同じでも当該船舶の評価額が異なる事があり得ますが、その場合には証明書発行日が異なる点をご留意ください。

(d) VesselsValue ホームページ(https://www.vesselsvalue.com/)上の取引条件もご確認ください。

※日本海事新聞社は発行された船価鑑定書の内容に関する一切の責任を負いません。

VesselsValue.comとは

VesselsValue.com は、オンラインで船価鑑定及び関連情報を提供しています。バルクキャリア、タンカー、コンテナ船及びガス船(LPG及びLNG)約32,000隻について、独自のコンピューターアルゴリズムを使い、データに基づいた客観的な船価を毎日算出し、提供しています。個船だけでなく所有者ごとのフリート評価額、2007年1月1日以降本日現在までの評価額の推移、2005年以降のS&Pデータ、仕様データ、スクラップ売船評価額、所有者ごとのS&P履歴等の関連情報をご覧頂けます。

VesselsValue.comの船価評価のアルゴリズムは、船の仕様データ、過去の同型船のS&Pデータ、新造船のデータ及び運賃収入データから特定の船の市場価値を算出するように作られています。当該モデルは、日々継続的に再計算されます。VesselsValue.comの船価評価額を実際に売買された額と比較することで、精度検証を定期的に行っています。

ヨーロッパやアメリカのみならず、日本市場においても、機関投資家、商社、船社、オペレーター、監査法人、保険会社、海事弁護士、船級協会など多くの会社でVesselsValue.comのデータが活用されています。The Baltic Summer 2013において‘VesselsValue.comは、約60%の船舶投資を行う機関投資家によって使用されている’と記事にされました。

VesselsValue.com

Red Report/バックナンバー

VesselsValueによる世界の商船に関する分析・統計資料(無料/不定期)です。過去のバックナンバーもご覧いただけますので、お気軽にご利用ください。

2014年04月号 Tanker Operational KPI's: Tanker Pools v.s. Owners
2014年04月号
Tanker Operational KPI's: Tanker Pools v.s. Owners

旗国別の船腹量、評価総額、主要認証機関別の登録船籍や船腹量

PDFを表示